新ホームページ(HTTPS、スマホのブラウザに対応)へ移行を予定しています。

移行先:https://www.kenzai-info.com

2018年08月24日

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンユニバーサル・スタジオ・ジャパンウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター
USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)へ行ってきました。
何年ぶりでしょうか、とりあえず前に行ったのは関西に住んでいた頃。15年以上ぶり?
今回、岡山に住んでいる妻の姉の家族と大阪で会う事に、それならUSJで待ち合わせしようという流れがきっかけ。USJがオープンしたての頃からすると、子供を連れて行くとか考えた事もなかったなぁと思ったり。
某新入社員1年目の頃にUSJへサプライズ招待でスーツ姿でできてばかりのUSJにって事があったのも懐かしい限り。(過去ネタにあるので割愛)
前日の台風は想定通り夜の間に通過。当日、USJまでの道路は第二阪奈有料道路から阪神高速道路のほぼ直線コースを利用、渋滞がなかったわけではありませんがほぼ開園時間に到着。(岡山方面からは渋滞で大変だったそうです。)
ほぼ晴天ではあったものの、前日の台風のせいか混雑具合も軽減されていた感じがします。朝から晩までUSJ三昧。
小雨が降る程度でかなり日焼けしました。小雨も屋内施設や屋根のある所で並んでいる時だったりで風雨に悩まされる事もなく。
関東圏に住んでいて思うのは、ハリーポッターの世界を再現したウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターのエリアができてから関東圏でUSJに行ってきたという話を聞くようになった気が。他のエリアと比べて再現度が高かった。
他、昔はなかったミニオン・パーク、新しいアトラクションを楽しみ、オープン当時からあった、ジュラシック・パーク・ザ・ライド、ジョーズ、バックドラフト等は懐かしいと思いつつといった感じ。
翌日の予定もあり、当日の宿泊は大阪で。せっかくなので、ホテルの中で関西に住んでいた頃よく名前を聞いたリーガロイヤルホテルを利用してみました。(東京にもあるようですが、逆に関東に住んでいて名前を聞いた記憶はなく・・・。)関西に住んでいる間は近くだったのであえて利用する機会もなく。(あとは聞いた気がするのはザ・リッツ・カールトン大阪とか。)
新幹線や飛行機利用であればUSJ近くのホテル利用でもよかったのですが、車だったので夜遅くても駐車場の心配をする必要がなかったのが決めて。
ピンからキリまでそろっているホテルでしょうか。客室のクラスはもちろんですが、飲食系も上は高級目レストラン、ルームサービスからデパ地下っぽいパンやケーキや総菜の店、下はコンビニまでがホテルにそろってる感じ。USJ閉園時間までいたキリな1泊利用でしたが、USJとセットでも車で大阪観光、特に大阪で連泊する場合にはおすすめできそうかなとか。
私が子供の頃、近畿圏に住んでいて一度はTDLに行かないとみたいな雰囲気(特に女子の場合?)があったなぁと思うのですが、関東圏に住んでいてUSJのTVCMも見ますし、その反対で関東圏で一度はUSJに行かないとみたいな雰囲気ができつつあるのかどうかとか考えたり。

日時: 23:51 | パーマリンク | | トラックバック
コメントは受け付けていません / トラックバックは内容と関連のある投稿である場合のみ許可されます

2018年08月23日

金峯山寺

副虹・ダブルレインボー金峯山寺蔵王堂金峯山寺蔵王堂
混雑するお盆時期をはずして奈良・大阪へ行ってきました。台風20号が近畿近辺を通過予定だったので直前まで行くのを中止すべきかどうか迷ったり。直近の天気予報を確認した所、近畿近辺を通過するのが23日の午後以降とわかったのでなんとかなるかと風や雨の影響を考え前日の夜早めに出発。高速道路はトラックが多かったものの渋滞もなく、早く到着しすぎたぐらいでした。
早朝、台風の影響なのか天気雨で掲載写真左、二重の虹が見れました。内側の虹を主虹、外側の虹を副虹と言うそうです。
金峯山寺といえば、下千本、上千本の桜が有名です。
太平洋側に台風は来ていますし、桜の時期でもなく、早朝だったので参拝客は数人。
天気雨の雨が屋根に降り、降った雨が太陽光で蒸発して湯気になったり、高い屋根からぽたぽた落ちる雨水が太陽光できらきら光って見える風景、うまく写真にはとれませんでしたが幻想的でした。晴天雪解けの竹生島長命寺をふと思い出したり。

日時: 21:58 | パーマリンク | | トラックバック
コメントは受け付けていません / トラックバックは内容と関連のある投稿である場合のみ許可されます

吉野神宮

吉野神宮金峯山寺の近くにある吉野神宮へも。
創建は明治時代だそうです。





日時: 21:54 | パーマリンク | | トラックバック
コメントは受け付けていません / トラックバックは内容と関連のある投稿である場合のみ許可されます

2018年08月14日

Perfume「Future Pop」

2018年8月15日発売。Perfume 「Future Pop」
先に発売されたシングル曲を除くと個人的には「Start-Up」からの「Future Pop」が好み。続いて先行配信もされた「Let Me Know」その次に「天空」でしょうか。
「Future Pop」、歌のない曲部分で音色とリズムがなんとなくエレクトーンサウンドっぽいなぁと思う所があるのですが(そこが好み)理由はよくわからない。


日時: 22:48 | パーマリンク | | トラックバック
コメントは受け付けていません / トラックバックは内容と関連のある投稿である場合のみ許可されます

2018年08月05日

Maker Faire Tokyo 2018に出展してきた

MFT2018MFT2018_002.jpgMFT2018
Maker Faire Tokyo 2018へ行ってきました・・・ではなく今年はなんと出展してきました。8月4日、5日。掲載写真左は2日目の9時前(出展者入場待ち)。
Maker Faireといえば世界のあちらこちらで開催されているMakerのお祭り。去年時点では出展とか1ミリも考えてませんでしたが、今年、出展の募集をしているのを知ってとりあえず申し込んでみたという流れ。まさか早々に出展する機会がもらえるとは。
出展内容は「SmartPost」。クラウド(SNSのLINE、メール、Web等)連携、スマートスピーカーと連携なポスト。
開催日直前まで会場のインターネットと無線LANの接続環境が心配でかなりの悩みどころでした。
WAN側はLTEWiMAX公衆無線LANの利用を準備し、無線LAN側は5GHz帯の利用を準備。これでダメならデモできず、かっこ悪い出展でも仕方がないと腹を括っての参加。
結果は、問題なく全て利用できほぼ想定通りの出展ができたかと。(あとはテーブルクロスを用意できたらもっと様になったかなと思った次第。)
WAN側はLTEとWiMAXを試した所、通信速度が速いWiMAXを利用。WiMAX端末とSmartPost本体間は有線接続でクラウド(LINE、メール、Web連携)との接続はクリア。
ただし、スマートスピーカーは有線で接続というわけにはいかない。かつ、Echo Spotと持っていたタブレットが5GHzのW52にしか対応していない。この問題はRaspberry Pi 3B+を5GHzのW52、36ch固定で無線LANアクセスポイント化してクリア。
掲載写真右が無線LANの混雑具合。5GHzの飛び出てるのが半径1mあたりに置いていたRaspberry Piアクセスポイント。
また、突貫で作った説明チラシは50部くらいあれば十分だろうと思っていたのですが、ネットプリント注文が100部単位だったので100部用意。1日目で70部はけて、2日目の昼過ぎには掲示用の1枚を残して全部なくなる程度には展示も盛況でした。
液晶表示機能付きスマートスピーカーのEcho Spot、日本では7月26日に発売してばかりだったこともあって、こんな事ができるのか的な反応があったり。間接的にEcho Spotの宣伝をした事になるのでは感も。あとは想定外でしたが、ルータとして持って行ったCiscoルータに食いついてくれた人もいたり。こんなところでCiscoルータを見るとはといった感じ。
参加して思ったのは説明が必要な展示は1ブースあたり、きちんと説明できる人4人参加で常時2人態勢、4人のうち1人は英会話ができる人というのが理想的な体制かなぁとか。さすがに1人は大変すぎでした。(WAN、LAN環境不明でろくにデモができない可能性もあったので手伝ってもらう選択肢はそもそもなし。)一生に一度は経験してみるのもありかなとは思いますが。個人でMaker Faire Tokyo出展の実績解除。
まあ、そんな体制だったので、SONYのSPRESENSEのブースとか気になっていたけれど展示の内容は観る事ができず、他、AramedaのCOLD BREW COFFEEが試供品として配られたそうで、せっかくなので味見したかったのですがもらいにいけなかった。というMaker Faire Tokyo 2018でした。
ひとまずポストや宅配ボックスに機能を搭載したとして需要はありそう。ただこの先プロトタイプを卒業するには、汎用部品ではなく専用にカスタマイズした部品が必要な状態といったところでしょうか。IT機器はじめホントお金かかるよなぁ。。。SPRESENSEかぁ。
コミケにも耐えられる(キャリアが臨時基地局を出すとはいえ)会場なわけでWAN回線、LTEやWiMAXと有線接続ならひとまず使えず困るという事もないのかなと。無線LAN使う場合はしらんけど。

日時: 23:52 | パーマリンク | | トラックバック
コメントは受け付けていません / トラックバックは内容と関連のある投稿である場合のみ許可されます

2018年06月24日

株式会社アミューズ 第40期定時株主総会

株式会社アミューズ株主総会 2018昨年に続いて、株式会社アミューズの株主総会に行ってきました。
昨年は妻と2人で行ったのですが今年は1人。昨年、妻が所有分を売却。妻の口座分なのでどう売買するかは妻の自由(ある意味任せている)なので。
1人なので直前まで行くかどうか迷ったのですが、休日にやっている作業に必要な電子部品が足りなく、家にいてもゴロゴロしているだけになりそうだったので行ってきました。総会の会場がある両国は電子部品が買える秋葉原にも近く秋葉原で電子部品を購入してから行く事に。
総会の質疑、今年の株主総会もBABYMETALに関する質問、意見が多かったような。
業績、今後の業績予想、アーティストマネジメント事業だけでどんどん増収増益は厳しいと思うわけで、メディアビジュアル事業もCD等の媒体が売れにくい時代ですし、という事で保守的な感じでしょうか。今あるエンターテインメントの重要要素なので引き続き頑張ってもらいたい所存。
総会での説明にもありましたが、日本でも海外のようにCD等の媒体が売れにくい代わりに少しずつ音楽のサブスクリプション系のサービスが広がっていくのかなと個人的にも思います。
サブスクリプション系サービスではより回数多く聞いてもらわないといけないわけなので、新譜でぶっちぎりで上位か、いかに旧譜を沢山聞いてもらうかがポイントなのだろうなとか。
旧譜の例えですと、音楽のサブスクリプション系のサービスでT-SQUARE(アミューズ所属ではありません)の名曲が聞き放題と最近知ったのですが、高校生の頃にDTMを趣味でやっていた事もあり当時こんなサービスがあったら大喜びしただろうなと思ったり。(BGMとして最近よく聞いている。)
他、サブスクリプション系のサービスの良いと思うところは、新曲自動再生で自分が良いと思える曲に出会えるところでしょうか。後からアミューズ所属のアーティストと知ったパターンですと、エドガー・サリヴァン(ゲレンデベイベーという曲で知った)、辻村有記(Actions Over Wordsという曲で知った)等。サブスクリプションサービスが無ければ知らないままだったかもしれない。
今年の総会後のイベントは、演劇ユニットTEAM NACS所属の安田顕によるトークショーと、サンプラザ中野くんパッパラー河合によるライブパフォーマンスでした。
トークショーは雑誌「SODA」で連載されているヤスダコタ・ハウス形式とか。いつもはセルリアン(セルリアンタワー)でベッドに入って撮影、対談されているそうなのですが、それを株主総会の場で。昔の渋谷駅の写真を窓にみたててベッドに入り、パジャマ姿で安田顕さん、フリーアナウンサーの中村仁美さん、サンプラザ中野くんが対談。雑誌に載るそうです。気になる方は7月に発売される雑誌を買ってみては。
ライブパフォーマンスはRunnerを含めて4曲。「Runner」は30周年なので30年前。小学生の頃でしたが、大ヒットしていた記憶があります。名曲ですよね。

※追記 ニュース記事で総会の様子が取り上げられていました。「安田顕、アミューズ株主総会でパジャマトーク

日時: 20:20 | パーマリンク | | トラックバック
コメントは受け付けていません / トラックバックは内容と関連のある投稿である場合のみ許可されます

2018年05月25日

Essential Phone PH-1

Essential Phone PH-1Essential Phone PH-1
使っていたAndroidスマホ、Nexus 5Xがかのブートループ発生で故障、保証期間も過ぎていたのでEssential Phone PH-1を手に入れました。(Nexus 5X、故障さえしなければ、アップデートも頻繁にあり良い機種だったのですが、LGは液晶系はコスパが良くて強いがスマホは・・・なのかな。)
Essential Phone PH-1、発売されたのは昨年の9月で発売時から気にはなっていたのですが当時の価格は699ドル。技適の表示もなく(今の所、電波暗室など特殊な環境を除いて、技適なしのスマホを日本人が日本で使用すると法律違反、外国人が日本で長期利用も法律違反だったかな。尚、罰則はアレですが)。
それが、499ドルに値下げ、Andorid 8.1 Oreoへのアップデートで技適表示がされるようになり、そしてEssential Productsのサイトで購入できて日本への発送も対応。(尚、技適の話はおいておいたとして、以前からアメリカのAmazonで購入と日本への発送も対応していたようです。)
開発で使うスマホの場合は、いかに早く新しいAndroid OSのバージョンにアップデートできるかが重要なポイントの一つと思っています。現状、PIXELシリーズは技適なし、技適もあって早い段階でAndroid OSの新バージョンが試せるスマホがEssential Phoneぐらいしかありません。
しかし、Essential Phone PH-1が届いた次の日に、後継モデルの開発中止というニュースが。どれぐらいの期間、アップデートを継続してもらえるのか少々心配な事態になりました。まあ仕方がない。
さわってみての感想は、もともとの価格が699ドルなだけあって高級感があります(とは言いつつ、高級機の代表iPhone Xは999ドルから。日本ではMVNO等と比べれば月額料金が割高なかわりに長期契約を条件に割安でスマホが購入できる割賦販売等が主流のようなので実感のない人が多い気もします)。売りの一つとしてチタンを採用、iPhone等で採用されているアルミとは異なり角等、落としても傷がつきにくいそうです。かわりに大した差ではない気もしますが重量が増している気が。(この重さも運動不足のエンジニア向き?)
今までのスマホは落としたりした時に傷がつきにくいよう、クリアケースと液晶保護シールを使って来たのですが、Essential Phone PH-1は表裏に傷がつかないよう保護シールのみで利用する事にしました。掲載写真は保護シールを貼った後です。
ちなみにAndroidスマホ、Essential Phone PH-1は開発者等ギークかレア機種好みでなければ日本に代理店があるわけでもないですしおすすめはしません。SIMフリーで対応バンドも多いようですが、VoLTE対応やどの会社のどのSIMなら問題なく動作するか等は他のサイトでご確認ください。
一般ユーザーであれば、保証面等考え普通にキャリア等を通してSONY製やSHARP製等、キャリアが動作保証している機種の購入をおすすめ。

※追記
Essential Phone PH-1、落としてラウンドガラスどころか液晶も破損。全く使えなくなりました。
チタン部分は丈夫そうですがセラミック部分その他は丈夫ではなく。ケースくらいは無いと厳しそうです。

日時: 22:20 | パーマリンク | | トラックバック
コメントは受け付けていません / トラックバックは内容と関連のある投稿である場合のみ許可されます

//Google Analytics