TOPページ /

2021/11/20(土)

箱根 大涌谷


箱根 大涌谷に行ってきました。 大涌谷は子供の頃に親に2回ぐらい連れて行ってもらったような記憶があります。どちらも車でだった気がしますが。
今回は珍しく下の子と妻のプラン。公共交通を利用して。下の子は鉄オタの素養?があるようで。
目的は箱根登山鉄道に乗る事。 最終的には箱根ロープウェイで大涌谷まで行く事になりました。
混雑も予想できましたが下の子(年齢制限で未接種)以外は新型コロナワクチン2回接種済みですし、ここの所の東京都や神奈川県の日当たりコロナ感染者数は2桁前半のようなので。 感染者が新型コロナワクチン接種済の人なのか未接種の人なのかその割合が気になる所です。
ちなみに電車について、私としては通勤電車というイメージが強くあまり興味はなく。
(新幹線や特急は別。ちなみに特急は横から見たデザイン等が理由で初期型のアーバンライナーplusとか昔から近鉄系が好みだったり。 ひのとりは機会があれば乗ってみたいなぁと。)
もちろん最新IT利用推進積極賛成側の人間なのでリモートで何とかなる業務での通勤は無駄だと思う派なのは言うまでもなく。
20代の頃ですが関西にいる間は住んでいた場所、職、勤務先によってですが、大阪地下鉄、近鉄のどちらか毎日のように利用していた時期があったので。 関東では職、勤務先によって、横浜市営地下鉄、東急東横線、JR東海道線、JR横須賀線、東京メトロ、横浜高速鉄道どれかの組み合わせを毎日のように利用、一部今も通勤で利用しているわけですが。
箱根の混雑具合ですが、皆考える事は一緒だなぁと。インバウンド分減っているのかもしれませんが小田原から大涌谷の間は普通に混雑していました。 観光事業者にとっては良い事なのかもしれませんが。
目的地までは、横浜市営地下鉄→JR東海道線→箱根登山鉄道(小田原から箱根湯本)→箱根登山鉄道(箱根湯本から強羅)→箱根登山ケーブルカー →箱根ロープウェイ(早雲山から大涌谷)。帰りはその逆なので1日でこれだけ乗り物を乗り換えた事はあったかなと。
東京圏(新宿経由)や小田急沿線だと小田急のロマンスカーで直接箱根湯本まででしょうけれど。
利用する乗り物が多いので仕方がないとは思うものの、かかる運賃も家族分となると思っていたよりはかかるなぁと。
途中販売されていた大涌谷きっぷを利用しました。小田原から大涌谷間の2day Passですが、1日利用でもきっぷを利用した方が安く済みます。
もっとも、旅行代理店等を利用して公共交通を利用した旅行で箱根に宿泊であれば同様のチケットが標準でセットにされていそうですが。
今回は時間の都合で行かず前に行ってから大分経ちますが、空いている時に箱根 彫刻の森美術館はまた行きたい気がします。


Blog

CCNA(Cisco Certified Network Associate)取得を目指している取得した取得後有効期限満了したぎりぎり20代30代突入30代30代後半40代突入管理人のブログです。

Recent Entries

Google Maps API

googlemap.jpg
地図 ブログ

 

Twitter

Category

Monthly Archives