2021年08月

2021年08月・2021年07月

2021/08/04(水)

大山阿夫利神社(下社)


早めの夏休みを取得して、大山阿夫利神社へ行ってきました。約13年ぶり。
7月23日の連休に富士山自然休養林のハイキングコースへ家族で行ってきたのですが、その際は上の子は部活動があるとのことだったので連れて行かず。
今回は上の子を連れて2人で行ってきました。子供は夏休みですが、世間ではお盆前の水曜日です。
掲載写真のとおり、予想通り空いていました(土日祝日、又、以降の混雑具合はわかりません)。
新東名高速道路伊勢原大山インターチェンジが完成してアクセスもしやすくなった感じが。
麓まで車で行き駐車場に駐車、徒歩でこま参道を抜けて大山ケーブル駅へ、あまり本数は多くないわけですがケーブルカーも乗客全員が余裕で席に着席できる程度の混雑。コロナ禍、こま参道等近隣のお店は大変なのかもしれませんが、密が避けれた点では正解だったかもしれません。
今回の目標、上の子を連れて下社から登山道を登り本社を目指す予定だったのですが、子供が登山道の中腹でリタイア。(途中、家族で登山道を行く人もいて、小学生低学年と思われる快調に登っていく子もいましたが人それぞれ。)
夏で蒸し暑く、風もなくなかなか厳しい感じではありました。1人先に下山させるわけにも行かず。本社へ行くのはまた今度。
妻と上の子は登山には向かないかなぁ。下の子はまだ素質がありそうな気もしますが。登山に向いているかどうかは長距離走が得意か苦手かでわかる気もします。あとは日頃の運動と根性か。私も他人事ではなく、20代30代ならいざ知らず日頃から運動していなければ体力も落ちていくだろうし。
掲載写真の急こう配な階段までは整備されているわけですが、そこから先はわりと急こう配な山道が続きます。
(ちなみに8月21日に私1人で別ルートから再挑戦)


2021/08/21(土)

大山阿夫利神社(本社)


8月4日に大山阿夫利神社の下社から本社を目指したのですが、子供が途中リタイアで断念。その際、大山阿夫利神社の本社へ向かうルートが他にもある事を知ったり。大山阿夫利神社の本社へ行くのに同じルートではつまらないので別ルート、1人でヤビツ峠から大山阿夫利神社の本社へ行ってきました。
ヤビツ峠は駐車場の駐車可能台数が少なく土曜日なので駐車できるのかが心配。早朝に出発し午前7時には到着したのですが駐車場はほぼ一杯。途中の菜の花台の駐車場は余裕がありそうでしたが。
コロナ禍では混雑具合によっては微妙ですが、バスが通っているのでバスを利用した方がその意味では安心なのかも。
山の麓からヤビツ峠へ至る県道は宮ヶ瀬湖まで通じているようです。(つい最近の大雨で宮ヶ瀬湖の方で途中通行止めとの事でしたが。)きちんと舗装はされていますが、斜度もあり道幅の狭いポイントがいくつかあります(とはいっても山の舗装道としては奈良県の大台ケ原へ至る道(斜度では暗峠とかも)や、和歌山県の内陸から熊野那智大社に向かう道と比べればマシかなと思ったりはするわけですが)。道路のドリフトタイヤ痕から走り屋が集まったりもしているのだろうか。
麓からヤビツ峠までロードバイクで登坂している人が多く。
ヤビツ峠からの登山ルートは下社からのルートよりなだらかな感じがします。片道1時間位。大山阿夫利神社の本社、丹沢大山国定公園大山山頂に到着したのは8時過ぎ、茶屋があるようなのですがオープンは10時からのようで利用はできず。
登りですれ違ったのは10人もいなかった気が、頂上には10人くらい、下りですれ違ったのは20人(家族連れや年配5人組等を含めて)くらいだった気がします。
以後の混雑はわかりませんが。
掲載写真左から2番目の写真中央に江の島が見えます。
掲載写真左から3番目の写真は左上に富士山が見えます。この景色はヤビツ峠からのルートでなければ望めないかも。


Blog

CCNA(Cisco Certified Network Associate)取得を目指している取得した取得後有効期限満了したぎりぎり20代30代突入30代30代後半40代突入管理人のブログです。

Google Maps API

googlemap.jpg
地図 ブログ

 

Twitter

Recent Entries

Category

Monthly Archives